高姫入門

 高姫というのは霊界物語第15巻以降に登場する人物で、霊界物語で一番多く名前が登場するキャラクターです。以前に調査したら、高姫が約5100回で第一位、二位は高姫の弟子の黒姫(くろひめ)で約2100回なので、2倍半もの大差で圧勝です。ちなみ三位は日の出神(ひのでのかみ)で約1600回でした。→「霊界物語の登場人物の登場回数ベスト10

 霊界物語の主人公である神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)は約950回なので、その5倍以上です。見かけ上は高姫が主人公だと言ってもいいくらいです。

 しかもこの高姫は悪役です。真の主人公であるスサノオを異常なまでに敵視しており、自分が真の救世主であると思い込んでいます。我欲が強く、猜疑心が深く、ヘンテコリンな理屈をこね回して「ウラナイ教」というインチキ宗教をつくり、社会を掻き乱すという、とても強烈なキャラクターです。

 どんな映画・小説でも、魅力ある悪役がヒーローを惹き立たせ、ドラマを盛り上げます。そういった意味では、高姫の存在というのは霊界物語にとって非常に重要です。高姫がわかれば霊界物語が見えてくる!と言っても過言ではありません。

 それでは、高姫の素顔に迫ってみましょう。



【目次】
  1. 外見
  2. 高姫の初登場シーン
  3. 三つの改心
  4. 一度目の改心
  5. 二度目の改心
  6. 三度目の改心
  7. 五つの人生
  8. 「高宮姫」時代
  9. ウラナイ教時代
  10. 三五教時代
  11. 妖幻坊の夫婦時代
  12. 八衢修行時代
  13. 「千種の高姫」時代
  14. 家族
  15. 異性関係
  16. 夫・美山別
  17. 元カレ・東助



(本稿は2009年7月にブログに掲載した原稿をもとに加筆訂正したものです)
プリンタ用画面
投票数:8 平均点:10.00

外部リンク

お友達リンク

Amazon広告タテ

Amazon広告ヨコ