霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20) こちらのページです。

「てふ」とは何?

 霊界物語を読んでいると「~てふ」という言葉がときどき出て来ます。
 たとえば、

「…八紘に輝きわたり、夕日輝くてふ、…」(第1巻第1章
「…敵の武器をもつて敵を制するてふ甚深なる計略と、…」(第4巻第21章
「…無声に聴き、無算に数へたまふてふ、…」(第5巻総説

というぐあいです。
 この「てふ」とは一体何でしょうか?

 これは実は「~といふ(という)」を縮めた言い方なのです。「てふ」と書いて「ちょう」と発音します。
 蝶々(ちょうちょ)を「てふてふ」と書くことがありますが、あれと同じです。
 古文に慣れている人なら読めますが、慣れていないとさっぱり判りませんね。私も古語辞典で調べてようやく判りました。

 霊界物語は大正時代~昭和初期に書かれた本なので、当時の仮名遣い(今でいう歴史的仮名遣い)や当時の言い回しで書かれてあります。
 判らなかったら辞典で調べてみて下さい。


古文を知るのに役に立つサイト
プリンタ用画面
投票数:7 平均点:10.00

外部リンク

お友達リンク

Amazon広告タテ

Amazon広告ヨコ