新コーナー「調査研究レポート」細かい話はこちらに載せます(9/2)

飯塚弘明・著『はじめての霊界物語456』

飯塚弘明・著
『はじめての霊界物語456』
はじめての霊界物語456
B6版、316ページ、価格 2,800円、2017/4/8発売
  • 支払い方法は「カード決済」「コンビニ決済」「楽天ID決済」から選べます。
  • 本は株式会社ブックフロント(印刷製本業者)から送られます。「所沢ロジスティクスセンター」という名称で送られると思います。
  • 不明な点はオニド(飯塚弘明)までお問い合わせ下さい。
    メールアドレス:oni_do@ybb.ne.jp

  • 本書は霊界物語を初めて読む人に向けて書いた、霊界物語の初心者向け参考書です。第4~6巻が対象です。
  • たくさんの図表入りで、初めて読む人もでも霊界物語がグングン判るように作りました。
  • 本書は、電子書籍版(アマゾンKindle版)の『はじめての霊界物語~第4巻を読んでみよう』『同~第5巻を読んでみよう』『同~第6巻を読んでみよう』を合冊して印刷書籍版として再編集したものです。文字やレイアウトが多少異なりますが、内容はほとんど同じです。サポーターズメニューの中の「はじめての霊界物語」も同じものです。
【目次】

■第4巻を読んでみよう
  • 第4巻の荒すじ──「常世会議と国祖隠退」の物語
  • 第4巻の主な登場人物
  • 邪神の世界征服の陰謀が秘められた「常世会議」
  • 常世会議の5W1H1R
  • 常世会議の目的──建前は世界平和、本音は世界征服
  • 常世会議のプロセス──ポピュリズムで煽り、武力で脅す
  • 常世会議の結末──改変された常世彦の提案
  • 常世城に潜入した7人のエージェント
  • 常世会議の流れ
  • 常世会議 初日──頭に血を上らせ幻覚を見る
  • 常世会議 二日目──真贋7人の女が現れ最後は田の中
  • 常世会議 三日目──変な癖で醜態を曝す3人の邪神
  • 常世会議 四日目──言論ではなく、和歌で
  • 神代の言葉は出雲の言葉
  • 常世会議 五日目──総統の選出と武備の撤廃
  • 大道別の誤解と常世彦の誤解
  • 鬼でも悪魔でも救うのが真の神
  • 返報返し──喜ばして復讐をする?神の業
  • 第5代天使長・桃上彦の更迭──常世彦が攻めて来たと誤解
  • 「ウロー」は歓喜の声
  • 第6代天使長・常世彦の病死──子供の悩みで煩悶
  • 「八王大神」の称号を要求
  • 第7代天使長の反乱──国祖を隠退させた常世彦(二世)
  • 太古の天の大神の誓約が現代に実現
  • 神示の宇宙──地球は球ではなく平らな地「平」だった!
  • 天地の傾斜運動で地球の大変動が起こる
  • 附録 「神示の宇宙」に関する説示
■第5巻を読んでみよう
  • 第5巻の荒すじ──「天の浮橋と言触神」の物語
  • 第5巻の主な登場人物
  • 567冊の霊界物語焚書事件
  • エデンの園から顕恩郷に流された三人の奇妙な体験
  • 「門松」で神の力が封印された
  • 大空に架かる巨大な光り輝く「天の浮橋」
  • 米中戦争の予言か? 二大邪神勢力の決戦
  • 終末予言を伝える言触神たち
  • 木花姫命──人を救うためには悪党にもなる
  • 神代の富士山は標高1万8千メートル!
  • ウラル教の宣伝歌と三五教の宣伝歌
  • 猿蟹合戦──国土を独占してよいのか?
  • 333艘の「神示の方舟」
  • 王仁三郎も「天の浮橋」の上に救われてみた
  • 被面布──霊的波長偏光フィルター
  • 「天教山の十二個の玉」と「瀬戸の海の一つ島」
  • 終末を予言警告する宣伝使たち
  • 楽天主義──「笑いと勇みの効果」で足が治る
  • 惟神霊幸倍坐世──略して「かんたま」
  • 宣伝神の各地での活躍
■第6巻を読んでみよう
  • 第6巻の荒すじ──「大洪水と国生み神生み」の物語
  • 第6巻の主な登場人物
  • 「三元」と「八力」──王仁三郎独自の理化学用語
  • 宣伝使は一人旅──神を力に誠を杖に
  • 「五色の霊光」と「起死回生の神薬」
  • 長白山の国玉が天教山に運ばれ、「三年後」に終末が訪れる
  • 大峠はなぜ起きたのか──天災地妖と人事は関係あり
  • 大峠から森羅万象を救うための国祖の贖い
  • 古事記では判らない「国祖隠退」と「大洪水」
  • 宇宙を祓い清める祓戸四柱の大神たち
  • 世界の大陸・島が誕生した「国生み」の御神業
  • 三柱の神で営まれた「美斗能麻具波比」の御神業
  • 「言霊返し」で謎が解ける
  • 「神生み」で十二の山の国魂神が任命される
  • ミカエルと「言霊学釈歌」
  • 言霊学釈歌(誤字修正版)
  • 「諸教同根」と「万教同根」──どんな宗教も根は一つ?
  • 霊五体五の霊主体従──霊と体のマツリが大切
  • 琴平別神はなぜ大きな亀として現れるのか?
  • 金刀比羅神社と大台ケ原を結ぶ謎のレイライン
  • 三大教+五大教=三五教
  • 青雲山の「黄金の玉」は日本に隠された
  • イタリアなのに「御年村」
  • 第7巻以降の展開
プリンタ用画面
投票数:5 平均点:10.00

外部リンク

お友達リンク

Amazon広告タテ

Amazon広告ヨコ