新コーナー「調査研究レポート」細かい話はこちらに載せます(9/2)

三鏡・新月の光に見る台湾の記述

三鏡

日本は世界の胞胎(月鏡)
(台湾は南米に相応する)
原文(霊界物語ネット)

新月の光(かけ)

台湾
台湾はみろく様の姿だ。(昭和十年以前)
(日本列島は竜体である。竜体の頭は九州であり、尾は北海道であり、台湾は宝冠である。聖師は昭和三年八月、北海道の芦別山より綾部の四尾山に国祖の神霊を奉迎される)
渡合可能
五年したら台湾に行ける。(昭和二十年 終戦後)
大椀(台湾)
台湾は取られるが神様がまた良くされる。(昭和二十年九月四日)
(参照)『霊界物語』第二十八巻。同第五十一巻第十六章。『瑞能神歌』「いろは歌」(その一)り
琉球と台湾(大椀(台湾)まで逃げ出す……琉球そにいうても)
『霊界物語』第五十一巻第十六章「暗闘」を読んで下さい。(昭和二十年六月末日)
サールポース
サールポースというのは西園寺のことである。(大正十一年八月六日)
(参照)『霊界物語』第二十八巻
誠の神の声を聞け
(『霊界物語』第二十八巻の)「月光いよいよ世に出でて」の宣伝歌中に「四方の国より聞え来る、誠の神の声を聞け」とあるのは、大本の誠の神の教がこちら(大本)から向う(外国)へ行って、向う(外国)より(手真似して)聞こえてくる誠の神の声を聞けということだ。
(月日不詳 桜井重雄氏拝聴)
(参照)『霊界物語』第三十二巻第十三章「平等愛」
天王台の審神と大本事件の予言
今度(第二次大本事件)が天王台の審神であった。もう神様のお仕組は立派に成就して、善悪は立別けられたのだから、もう何もする必要はない。じっとしていたらよい、因縁の身魂は、全部引き寄せられている。『霊界物語』第二十八巻に今度の(大本)事件の予言を書いてある。
(昭和十七年)
「神諭」大正七年十二月二十二日旧十一月二十日「天王台の神庭会議が始りたら、何如な守護神でも薩張尾を出して、化けの皮を表はすやうに成るぞよ」
トロレンス
問 『霊界物語』には共産主義のことは書いてありますか。
答 『霊界物語』(第二十八巻)にトロレンスとあるのは、トロッキーとレーニンとスターリンを面倒くさいから一緒に言ったのだ。(昭和二十一年)

「いろは歌 其の一」り

(「いろは歌 其の一」は大正6年11月3日作。機関誌『神霊界』大正6年12月号に発表。後に『王仁文庫 第三篇 瑞能神歌』に収められた)
りうきうにつづく台湾澎湖島ほうこたう御国みくにに遠きこの島に、心を配れ日本人やまとびと外国魂とつくにたまのここかしこ、国売るまがの多くして、主人あるじの留守の間鍋まなべたき、柱を崩すカミばかり、ヤンキーモンキー騒ぐとも、降るあめリカを防ぐよしなし。

(作成:2007/9/18)
プリンタ用画面
投票数:6 平均点:10.00

外部リンク

お友達リンク

Amazon広告タテ

Amazon広告ヨコ