新コーナー「調査研究レポート」細かい話はこちらに載せます(9/2)

台湾の歌碑

 王仁三郎は昭和6年9月8日に鶴山(本宮山の別名)山頂に「鶴山歌碑」を建てたのを皮切りに、日本を救うために全国に48基の歌碑を建立しました。
 そのうち台湾には2基の歌碑があります。
 台湾別院内の草山そうざん歌碑(憧憬歌碑)と、基隆きりゅう別院内の基隆別院歌碑です。
 どちらも第二次事件後に撤去されてしまい、破壊されたのか、それとも今でもどこかに寝転がっているのか、行方は分かりません。

草山歌碑(憧憬歌碑)

草山歌碑(憧憬歌碑)
蓬莢ほうらいのしまのかなめ草山さうざんは山川すがしく生きのはてなし
太平洋あらなみわけて常夏のしまをさやけみわが来つるかも
所在地 台湾 台北州 七星郡 士林 庄草山 台湾別院
建設 昭和8年(1933)8月8日
碑石 自然石
大きさ 縦 6尺(182cm)、横 3尺(91cm)

基隆別院歌碑

(表) 足引あしびきの山川さやけし海原うなばらは太平のなみとはに世を歌ふ
(裏) 蓬莢ほうらいのしまの風光ふうくわう忘れかねわれ三度みたびを渡り来にけり (※)
所在地 台湾 基隆市 幸町一丁目39ノ1 基隆別院
建設 昭和8年(1933)9月20日
碑石 -
大きさ 縦 1丈2尺(364cm)、横 2尺8寸(85cm)、厚さ 1尺8寸(55cm)
(※)原文は「蓬莱の紫滿農風光忘れ兼 吾は三度を渡り来禮李」なので、文末は「来たれり」だと思うが、いろいろな資料を見ると「来にけり」になっている。

(作成:2007/9/19)
プリンタ用画面
投票数:4 平均点:10.00

外部リンク

お友達リンク

Amazon広告タテ

Amazon広告ヨコ