新コーナー「調査研究レポート」細かい話はこちらに載せます(9/2)

出口王仁三郎の第2回台湾巡教(昭和6年)

昭和5年
12月29日
亀岡を出発。二代教主・澄子、岩田久太郎、河津雄らが随行。
昭和6年
1月1日
基隆に到着。汽車で草山の台湾別院へ。
1月2日 台湾神社に参拝。
1月3日 台湾別院の開院式。
1月6日 台北、台中から汽車で嘉義へ。嘉義分所に宿泊。
1月7日 阿里山に登山。阿里山ホテルに宿泊。
1月8日 阿里山を下山。嘉義へ。
1月9日 嘉義から汽車で高雄へ。
1月10日 高雄の寿山を観光。汽車で台南へ。台南分所に宿泊。
1月12日 台南から汽車で二水支部へ。
1月13日 二水支部から南投の小野田宅へ。
1月14日 南投から汽車で台中の高橋宅へ。
1月16日 台中から汽車で台北へ。自動車で草山の台湾別院へ。21日まで台湾別院に滞在。
1月21日 台湾別院から、台北の京町分所へ。
1月23日 汽車で台北から宜蘭へ。礁渓温泉に。
1月24日 礁渓温泉から汽車で基隆分所へ。
1月26日 基隆港から吉野丸に乗船。
1月30日 神戸港に到着。夕方、帰亀。

このページは出口三平氏が編纂した『台湾現地研修会資料』(1990年、愛善苑・発行)に収録されている資料を元に作成しました。
(作成:2007/9/27)
プリンタ用画面
投票数:5 平均点:10.00

外部リンク

お友達リンク

Amazon広告タテ

Amazon広告ヨコ